スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好き嫌い?!

「はーい。今日は野菜の肉詰めと、シチューだよ!!」
「お!!うまそー!!いっただきまーす!!」
クレイの号令でみんな一斉に食べだす。

今日の食事当番はパステル。コトコト煮込まれた根菜とミケドリアのクリームシチューに、しいたけとピーマンの肉詰め。うまそうなんだが、実はおれはあんまりピーマンが好きじゃあない。くえねえわけじゃないけど、うまいとはおもわねえ。まあ、冒険者たるもの出てきたものは何でも食うから、俺がピーマンが嫌いだということは、おそらく母親だってクレイだってしらねえだろう。

・・・あれ?
皿の中には小さめのピーマンの肉詰めが一つだけ、そのかわり大き目のしいたけの肉詰めが3つ。
みんなの皿にはそれぞれ2つずつ。
・・・なんでだ?
俺は一つだけあった、ピーマンの肉詰めをほおばる。
あれ?
「・・・うまい!!」
そのつぶやきに、隣に座っていたパステルがほっとしたようににっこりとほほえんだ。
・・・ばれてたのか?
けど、なんでだ?いつの間にか、苦手じゃなくなってたのか?
そのあとも、いつもどおりにぎやかに過ぎて行った。


それから、しばらくしたある日。今日は俺の食事当番の日。
まあ、俺はいつも自分で作るなんてめんどくせーことはせずに、適当に声をかけたやつが作ってくれたものをテーブルに並べるだけなんだが、その中にピーマンを使った料理があった。
でも・・・、なんでだ?やっぱり不味い!!!
ピーマン独特の臭みと苦味が口の中に広がる。
パステルが作った肉詰めの方がピーマンもでかいのに、あの時は旨いとさえ思ったのに!!


食後、パステルがみんながいなくなったのを見て、声をかけてきた。
「やっぱり、ピーマンだめだった?この間は大丈夫だったのにね。」
「別にくえねーわけじゃねーぞ!!でも、なんでだ?おめえいつから気がついてた?」
「そりゃ気がつくよ!!今までさんざんみんなのご飯つくってるんだもの!!自分が作ったものを食べてるみんなの顔くらい、ちゃんとみてるし!!ルーミィはトンジャン、トラップはピーマン。クレイは特にないけど、あんまり甘いものは好きじゃない。キットンは脂身の多いお肉ってねwwみんな、ちゃんと全部食べてくれるけど、それぞれ苦手なものがあるから、それくらいはちゃんと知ってるよ!!」
あはははと笑って、パステルはルーミィに呼ばれいってしまった。

俺も気がつかなかったクレイやキットンの苦手な食べ物。あいつは当たり前だという顔でそれを知っていて、きっとそれを気を使って料理をしてきたのか。
だから、パステルのピーマン料理を旨いと思った?

なあ、パステル。どうやら俺はおめえの料理じゃねえとピーマンを旨いとおもえねえみたいだぜ?
だから、これからも、例え冒険者をやめたとしても、俺に旨いって思わせる料理、作れよな!!

スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

まんまるり

Author:まんまるり
こちらは、フォーチュンクエストの非公式ファンサイトです。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。