FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お題ss 「笑顔」

遅くなりましたが、お題ss「水溜り」です。
お題ssを書くに当たって、浮かんだのが水溜りをのぞきこむルーミィとシロちゃんの絵だったんですが、私にそんなスキルは無く・・・。
丁度、娘がルーミィのように水溜りを覗き込んで、「みてー、お空の中にいてうー!!」と言っていたのを思い出し、ssにさせていただきましたww
当たり前の中の小さなひらめきを楽しんでいただければと思いますww









[閉じる]
「なにみてるの?」
さっきまでの雨が嘘のようなお日様の下、干せなかった洗濯物を干していると、少し離れた所で、ルーミィとシロちゃんがしゃがみこんでなにやらみていた。
私が声をかけると、
「あ、ぱーるー!!こっち、こっちくうんだお!!」
持っていた籠をその場に置き、二人の元へ行くと、ルーミィが見つめていたのは大きな水溜り。
そこに写るのは、満面の笑顔のルーミィとシロちゃん。
・・・何がそんなに楽しいんだろう?何の変哲もないただの水溜りなのに・・・。
「あのねー、ほら、みてみてー!!」
ルーミィがそういうと、おもむろに立ち上がり、その小さな手を空に伸ばした。
「ね?すごいでしょ?」
・・・意味がわからない。
「なにが、そんなにすごいの?」
「ぶー!!ほりゃ!!このみじゅたまりをみうんだお!!んね?ルーミィ、お空を飛んでうみたいでしょ?フリャーの呪文いってないのに!!」
そういわれ、水溜りをみてみれば、そこに写るのは真っ青な青空に飛び上がったようなルーミィの姿。
「本当だ!!じゅああ、わたしも!!」
私も同じように手を伸ばしてみる。
水溜りの中には。二人で手を伸ばして空を飛んでいるかのような、私とルーミィ、シロちゃんの姿

あははは、すごい!!子供って小さなことでもたくさんの楽しみを見つけられるんだねww
空を飛べない私だけど、まるで飛んだような気分。

「たのしいね。あ、そろそろおやつの時間かな?暑くなって来たし、冷たいジュースでも飲もうか?」
「うん!!ルーミィ、おなかぺこぺこだおう!!」
「行くデシ!!」

雨上がりの、いつもなら見逃す小さな当たり前。それが少し特別なものになった、ある日の一日。


スポンサーサイト

コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

まんまるり

Author:まんまるり
こちらは、フォーチュンクエストの非公式ファンサイトです。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。