FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お題ss「灯台」

お題ss第2弾

結婚後のトラパスですwwトラップのキャラがかなり壊れてますが、歳をとって落ち着いたと思ってくだされば幸いですww
「んじゃ、今日はお疲れさん。しばらく休んで、次は来週に依頼がはいってっから、それぞれ、準備おこたんじゃねーぞ!!」
「ういーー。了解しました。4代目!!お疲れ様でーす。」
「可愛い嫁さんたちが待ってぞー!!4代目ww」
「しっかり、今回の疲れを癒してもらえよ!!4代目!!」
「うっせーーー!!」
ここ数年で慣れたとはいえ、あいつの事でからかわれるのは・・・、妙に照れる。
「じゃあな。おめえらも呑みすぎんじゃねーぞ。」
すでに酒で赤らめた顔を見渡しながら、すたこらとブーツ一家を後にした。
俺は今、実家から少し離れた一軒家で暮らしている。
いずれ実家に帰るが、せめて10年は自分たちだけで生活したかったからだ。
新婚なのに、大勢に囲まれてなんてやってらんねーだろ?

「はあーー、今回はちっと長かったよなー。まあ、それだけにでかい山で、なかなかのお宝もゲットできたけどよー。」
今このときに、こんなに長く家を空けるのは本音を言えば嫌だった。
結婚して5年。つい最近に、待望の長男を授かったからだ。
かさりと持っていた袋が音を立てる。
中身はパステルと3歳になる娘、そして、生まれたての息子へのお土産。
足取りが少し軽くなる。
見えてくるのは小さいながらも温かい我が家。
窓からこぼれる灯りに、ああ、今回も無事に帰ってこれたとほっと温かい気持ちになる。
そっと、音も立てずに玄関を開け、家にずべり込むと、聞こえてくるのは
「ほら、もう寝る時間よ?」
「やー!!まだねむくないー!!ママ、ごほんよんでー!!」
「はいはい。ベットに入ったら読んであげるから。ね?」
「ここがいいのー!!パパが帰ってきたら、おかえりっていうんだからー!!」
なんて、可愛い会話。
ああ、かえってきたんだ。
「ただいま!!良い子にしてたか?」
「「あ!!おかえりー!!」」
「おう、ただいま!!」
「パパ!!パパ!!おかえりなさい!!」
「お帰りなさい。トラップ。怪我してない?」
駆け寄ってきた娘を抱き上げると、ぎゅっと首にしがみつく。
傍に来たパステルのおでこにちゅっと軽いキスを贈り、
「うちの王子はもう夢の中か?お姫さんは、ベットに行く時間だろ?」
「ぶー、まってたのにー。」
「明日からしばらくは家にいるんだ。一杯遊ぼうな。だから今日はもうおやすみ。ほら、一緒にベットまで行こう。
「うん!!約束だよ?」ママ、おやすみなさい」
「おやすみなさい。トラップ、頼んで良い?その間に、食事の準備をしておくわ。」
「ああ。軽くでいいぞ。」
一度、娘をおろし、荷物をパステルに預けると、再び娘を抱き上げ、寝室へと連れて行く。
結婚した時に買った大きなベットのまん中に娘をおろし、並べておかれたベビーベットを覗き込むと
すやすやと眠る小さな宝物。
娘は本当は眠かったのか、すでにうつらうつらとしている。
トントンと胸を叩いてやると
「パパ?おやすみなさい。・・・明日、いっぱい・・遊ぼうね。」
と、ゆっくりと眠りに落ちていった。
ぼんやりと二人の可愛い子供を眺めていると
「トラップ?寝た?食事の準備ができたんだけど・・・」
「ん?ああ。」
娘のおでこに軽く唇を落とすと寝室を後にした。

食卓にはつまみとブーツ家特製ホップル酒。
「今回もお疲れ様。どうだった?今回のクエストは。」
「ああ、結構手を焼いたけど、それだけになかなかだった。」

クエストの出来事や、こっちでの生活をお互い報告し、疲れもあるだろうからと早々に、俺たちも寝室に入る。
しばらくして聞こえてくるのは、大切な家族の寝息。

・・・・・・そういえば、誰かが言っていたっけ?
男は船で、女は港。じゃあ、子供はその海を照らしてくれる灯台か?
帰ってくる港(パステル)と負けない強さを照らしてくれる灯台(子供たち)があるから、俺はどんな荒波も負けずに航海ができるんだ。

「・・・・・・おやすみ。お前達がいるから頑張れる。愛してるよ」

スポンサーサイト

コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

まんまるり

Author:まんまるり
こちらは、フォーチュンクエストの非公式ファンサイトです。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。