スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの子が一番

なんともお久しぶりのssですww
本当に久しぶりなので、練習がてらだとおもってくだされば・・・。
「ふんふーんふふーん」
私の気分と同じように、すいすいと針が、布の上を泳いでいく。
薄いピンク色のワンピース。
リタと二人してあーでもないこうでもないと、形を決めたこのワンピースも、出来上がりまであとわずか。
「うふふ、これにあれをつけて、あーして・・・。」
完成形を思い浮かべ、それを着るルーミィの姿を想像するだけで楽しくなってきちゃう。
もうちょっとだ。がんばろう!!


ことの始まりは、1ヶ月前、リタのところでお茶をしていると、シルバーリーブの村長の奥さんがやってきた。
話によると、モンスターの襲撃のあれやこれやも落ち着きを見せてきたから、何かみんなの楽しくなることをしたい。けれど、町を挙げての祭りとかだと準備も大変だし、予算もかかる。
ならどうするかと考えた所、季節は春。温かくなり、人の出入りも多くなるし、何かキャンペーン的なのはどうかとおもったそうだ。
そして、これからを担っていく子供たちの成長や晴れ舞台があればいいのではないか?可愛い子供たちの姿を見て不愉快になる人などいないだろうし。
ってことで、学校に上がる前の子供たちに「春の妖精」として、みんなに小さな幸せのおすそ分けなんかはどうだろうと思いついたらしい。
その「春の妖精」にルーミィが選ばれたのだ。
することは、当日春らしい服装で、街の中をパレードして、噴水のある公園で男の子は花の種を、女の子は1本のお花を、くばるだけ。
奥さんてば、このために家の庭にたくさんの花を植えたんだって。
もちろん、そんな楽しいことには参加させていただきます!!
そのことを、みんなに伝えたら、クレイやノルは楽しそうだなとか、ルーミィ、良かったななんて喜んでくれたんだけど、トラップってば、暇な奴の考える事だよなー。もっと良いもんくバレよ、なーんて、かわいくないこといっていた。
・・・キットンは、
「花の種」ですか?いったいどんな。花も配るとなると・・・、そうだ!!私の発明した薬を使えば!!」
なーんて、妙にテンションがあがって、早速村長の家に走って行ったりした。

そして迎えた当日。
今日は朝からとってもいい天気で、ぽかぽか良い感じ。
途中でおなかがすいたと騒ぐのもなんなので、少し多い目にルーミィに朝食をあたえると、さあ、変身の時間です!!

パレードが始まると、私はリタとみんな一緒に、猪鹿亭の前で、ルーミィたちが来るのをまった。
通りには、それぞれ自主的に出した屋台なんかも出て、ちょっとしたお祭り騒ぎだ。
お祭りとしてするなら、色々規制や予算が必要だけど、自主的にする分には村の予算は関係ないものね。
(最初、何で?って思ってたけど、トラップが言うには、色々大人の事情があるらしい。)
そうしている間に、どうやら「春の妖精」一行が来たらしい。
周りから上がる歓声、確かに、色とりどりの可愛い服を着た小さな子供たちの姿は、なんともいえないくらい可愛い!!
ルーミィ、ルーミィはどこ?
懸命にルーミィの姿を探していると、いた!!
ふわふわのシルバーブロンドを、ふたつにくくり、ワンピースと同じ色の大き目のリボンで結び、ふんわりとしたワンピースがとっても似合ってる。
ときどき、ワンピースに縫い付けたビーズがキラキラと光を反射して、ルーミィが輝いてるみたい。
ルーミィほど「春の妖精」の名前にふさわしい子はいないわ!!なーんて、まるで親ばかのような考えだけど、どう贔屓目に見ても、今日のルーミィは本当にかわいい!!
リタも「うわーwwルーミィ可愛い!!いつも可愛いけど、今日は本当に妖精みたい!!」なーんて、大絶賛だもの、うれしくなっちゃうww
リタは店番があるから、ここでお別れだけど、私たちはパレードの後ろを付いて歩く。
最終目的地に着き、子供たちがプレゼントを渡して(ちゃっかり、私ももらってきましたww)
楽しいイベントも終了。
家に戻り、せっかくのワンピースを汚すのもなんだからと、着替えを進めたけれど、気に入ってくれたのか、全然着替えてくれなかった。でもまあ、頑張って作った私としては、うれしいけどね。
お昼を食べ終わるころには、たくさんの人に囲まれ、いっぱい歩いた所為なのか、うとうとし始めたルーミィを寝かしつけると、リビングにはみんなの姿。
お茶をいれ、のんびりすごしていると、話題はもちろん今日のこと。
「シルバーリーブにあんなにたくさん子供がいたのねー」
「そうだなー、何人かは顔見知りの子もいたけど、結構知らない子もいたなあ。」
「みんな、可愛かった」
「うんうん。本当に小さな子供って可愛いよねー」
シルバーリーブの春の訪れが、あんなに可愛い子供たちと一緒で、すごく幸せな気分。
村長の奥さん、良いこと考えてくれたよねー。
でも
「「「うちのルーミィが一番可愛かった!!」」」
思わずでた、本音にみんながはもったのは、まあ、ごあいきょかなww


スポンサーサイト

コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

まんまるり

Author:まんまるり
こちらは、フォーチュンクエストの非公式ファンサイトです。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。